Jinsen's パイプ

ガーウィズ・ホガース: ブラウンフレーク ( Brown Flake )

a0150949_16465967.jpg
 これまたおいしいたばこである。バージニアとバーレー、その持ち味を最高にひき出している。
 GH社にはブラウンフレークと名づけたたばこが何種類かあり、缶入りの「ブラウンフレーク#2」は前に紹介した。ここに書くのはバルク売りで、カタログには着香、無着香と2種類ある。ぼくが買ったのはunscented、無着香のほうだが缶を開けるとわずかにケンダル香が漂った。前の缶入りはかなり強かったがこちらはかすかに漂うだけ、吸いはじめると消えてしまう(ときどきフッとくることがあるのはご愛嬌だが)。しかしケンダル香が強い缶入りブラウンフレーク#2とバルク売りの着香ブラウンフレークはどう違うのか、それはわからない。
 CRフレークとおなじ長いフレークなので適当にちぎり、丸めてボウルに詰めた。火つきも火持ちもじつにいい、吸いやすいたばこである。ムムム。素晴らしいぶっとい味がきた。やわらかい穀物味のバージニアがバーレーのおかげなのだろう、太く、また一段とやわらかく、丸い味わいである。火持ちがよくおだやかに燃えるから心地よいクールスモーキングができる。ぶっとい、と書いたが、この濃い味わいは太いと書くより感じがでる。丸い味わいの外周にそれを強調したようなエッジをわずかに感覚するが、ここにはバージニアとバーレーのほかにもう一種、Dark-Firedのバージニア葉がわずかにくわわるようなのでそれではないかと思う。ほどよい甘みと酸味、そしてかすかな塩味が心地よい。
 CRフレークで紹介したが、それを絶賛する識者がこのブラウンフレークも賛美していたので買ってみた。Va/Burleyのたばこではいまのところこれがベストだろうとまで書いている。
 Va/Burleyのたばこはまた別世界である。GH社にはほかに「ボブズ・チョコレートフレーク」があり、SG社には類似の「チョコレートフレーク」と「ケンダルクリームフレーク」がある。両社のチョコレートフレークはこのブレンドにチョコレート味をのせ、さらにわずかのラタキア葉を加えたもので甘い、うっとりするようなたばこに仕立てている。
 もともとバーレー葉にはかすかなチョコレート風味が隠されているとされ、それをヒントにできたたばこなんだろうと思う。またラタキアとチョコレートの相性がよく、たしか別会社の類似商品もラタキアを隠し味にしていたようである。SG社の「ケンダルクリームフレーク」はGH社の「ブラウンフレーク#2」に似てケンダル香の強いVa/Burleyのみのたばこである。
 ところでいまSG社のBBF、ベストブラウンフレークが開いている。名前が似ているがこれはバージニア葉だけのたばこである。じつは前にCRフレークを紹介したとき、よくコメントをくださるくつしたさんがおなじバージニア物でラットレーのマーリンフレークと比べてどうですかと質問された。同時に吸ったことはないのであわてて注文し、ついでにSG社のBBFも比較対象に加えた。CRフレークをベタ褒めした責任上、ほかの銘品と比較してみたかった。
 マーリンフレークについてはコメントの返信にも書いた。今のコールハス版よりCRフレークがやや勝るように思う。BBFについては、じつは今日、昼にGH社のブラウンフレークをやり、夕食のあとBBFをやったばかりなのである。
 BBFはやはり段違いのバージニアたばこだった。CRフレークはおいしいバージニア味のたばこだが、BBFはその熟成の甘みがまるで果実酒のようである。バージニア葉をじっくり熟成料理してはじめて出る味である。おなじSG社のFVFはまた少し違い、甘みと酸味のバランスが抜群だしなによりおだやかな喫味がたとえようもない。CRフレークにはこの深奥はないようだ。ところがマーリンフレークのほうにBBFと似た感触があることがあるが、これはコールハス版がペリクとキャベンディッシュを加えているからだ。おそらくラットレーのオリジナルにはBBFとおなじ熟成味があったがSG社ほどの熟成技術がないコールハス社はその感じをだすためにペリクとキャペンディッシュを加えたのだと思う。このあたりは時代の流れでコールハス社の姿勢はむしろ実直といえるが、バージニア葉、その単体から、果実酒の甘みやおだやかな喫味をひき出しているSG社の熟成技術、その宝石であるBBF、FVF、まぎれもなく現存する世界一のたばことぼくは思っている。

 話が横道にそれたが、元に戻し、Va/Burleyのブラウンフレークだが、こちらはBBFに比べるとやや気楽なたばこである。SG社のバージニアたばこにあるあの陶然とする奥深さはなく、いわば陽気な、軽快なたばこといえる。しかしバージニア葉の極限を追求したたばこがある一方で、最初から最後までひたすら心地よい、クールスモーキングできるたばこがあってもいい道理である。
 吸っているときも、吸い終わったあとも、しあわせな気分になれるたばこである。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-03-14 16:51 | ガーウィズ・ホガース | Comments(14)
Commented by TSUKA-P at 2013-03-14 21:03 x
毎度ながら大変参考にさせて戴いております。
ところが、今回ご紹介のBrown Flakeは
葉組みのバーレーにひっかかって二の足を踏んでおります。
っというのも、以前C&DのOld Joe Krantzで、こっぴどくヤっつけ
られた苦い思いがトラウマとなり、バーレーがNGとなってしまいました。
CR FlakeでガッツリGHに味をしめてしまい、他の美味しいGHを
試すのに色々あたるも、ノン・バーレーをチョイスするようになっておりますf(^_^;)
いまは、Louisiana Perique FlakeとCR Flakeが大のお気に入り
となっております。
Commented by jinsenspipes at 2013-03-14 21:34
>TSUKA-Pさん
あ、そうでしたか。
バーレー苦手というかた多いですよね。
ぼくはバージニア派ですが、バーレーも好きなんです。
といいつつアメリカのバーレーはだめでマクバレンのバーレーロンドンブレンドで目覚めました。
ヨーロッパのバーレーの使い方はまた独特でいい味をだしてます。
CRフレーク、気に入っていただけてなによりです。
ぼくもこれは発見でした。うれしいです。
Commented by 和菓子 at 2013-03-14 23:15 x
こんにちは。まだバーレーの特徴を掴んで無いので、バーレーロンドンでまず特徴を掴んでからこのたばこに手を出したいです。それと、たまにはjinsenさんが紹介していないのを、ということで Kendal Dark Plug Unscented他plugたばこ数点を買おうかと思っています。
吸ったことのないタバコに挑戦するときは子供のようにワクワクしますね。
それにしても、jinsenの書くレビューを見ると、全てが美味しそうに見えますね。
いつもありがとうございます。
Commented by jinsenspipes at 2013-03-15 00:02
>和菓子さん
バーレーロンドンブレンドは、ぼくはこれでバーレーに開眼しました。
それまでアメリカのバーレーを吸っていてぼくには合わないと思ってたんですね。
これをやってびっくり。バージニアとはまるで違いますけどとてもおいしいです。
もっともバージニアは奥が深い、微妙な味わいが魅力ですが、バーレーはつるんとしてます。
快活で陽気な女の子、という感じ。
それが苦手なかたには向いてないでしょうけど。

やあ、ぜひ、プラグたばこ、お吸いになり、感想などお寄せください。
ぼくは無精者だし、すぐ飽きちゃうので、手間かかるのは苦手なんですよ。
フレークたばこみたいに丸めてポン、というのがいちばん性に合ってます。
でも、プラグはパイプたばこの原点ですよね。みなさんおいしいとおっしゃります。
ぜひ感想を書いて無精なぼくをそそのかせてください。
Commented by くつした at 2013-03-15 04:33 x
私は、すってるときは、幸せですが、すいおえたあと口中のタバコ臭さで不幸せになります。無論、差し引きプラスで全体として喫煙は幸せです。やがてガンになって不幸になりそうなのが怖くはあります
http://taste.blogmura.com/smoking/
ところで、たばこBLOGランクに参入しませんか?
JINさんのファンが増えればいいとおもっています。
Commented by jinsenspipes at 2013-03-15 11:19
>くつしたさん
終わったあとの不快感はぼくも永年悩まされました。
これはもう、おだやかに吸うしかないですね。
いわゆるクールスモーキング。
吸ってるあいだも、ちょっと強く吸いこむと、舌がカーッとなるときあります。
でも、そのあとゆっくりおだやかに吸ってると、スーッとひいていくのがわかります。
これだとあとに残りません。
吸いこむんじゃなく、煙だけ、こそこそ「盗む」という感じかな。

アハハ。ガンの心配は、マ、忘れることにしてます。

ランキングですかァ。
あまり興味ないないァ。
ぼくのみたいのはほんとに好きなかたがきてくださり、
ひそひそ、本音でコメントを寄せてくださる。
それで充分です。
Commented by たかはる at 2013-03-16 16:55 x
うーん、どれもこれも気になりますねぇ。試し買い候補に突っ込んでおきました。

あ、あと今日Newminster: No.403 Superior Round Slicesに火を入れてみたのですが、ヴァージニア+ケンタッキーでとても軽快、爽やかな喫味でした。機会があればお試しください。それとも既に経験済みでしょうか(^_^;)
Commented by jinsenspipes at 2013-03-16 17:14
>たかはるさん
ありがとうございます。気に入っていただけるといいけど。

Newminsterって知りませんでした。
調べてみたらピーター・ストーカビーなんですね。
ということは製造元はマクバレンですね。
いやあ、ぼくは有名どころしか知らなくて、新しいのにはまったく無知です。
これ、よさそうですね。
チャンスがあったらやってみたいです。
教えていただいてありがとうございます。
Commented by mifune at 2013-03-20 08:45 x
お、GHやってますね!
なんか久しぶりに書き込んでる気がします。
次何買おうかなあって悩んでるときは必ずここに訪れてます。

やっぱりFVFは良いですね、前回大量に購入したものがそろそろ切れますが、毎日吸っても飽きが来ないくらいでした。
大体、1缶ほどやると別の銘柄が欲しくなったりするわけですけどね。
BBFも同じく飽きないタイプですね。
一方、GHは、おしいんです。
後一歩で宝石にたどり着けそうな予感がする惜しさ。
これが僕がGHの煙草を買い続ける理由かなとか感じています。

僕もまだBrown Flakeは試したことが無かったので次回はこれいってみようかな。
Commented by jinsenspipes at 2013-03-20 10:49
>mifuneさん
おひさです。
mifuneさんがFVFを1ポンド仕入れたのが昨年秋でしたね。
そろそろ切れる頃ですか。
ここのところバージニア物を比較してやってみましたが、
やはりFVF、BBFにかなうものはないと再認識しています。
日本ではこれがいつもお店にあるからしあわせですね。

GHは、mifuneさんのおっしゃることはよくわかります。
あと一歩、とつねに思いつつ、逆にそれが魅力になってる。
そういうことありますよね。
CRフレーク、ブラウンフレークあたりの魅力はそれかもしれない。
BBFとCRフレーク、優劣をつけるならBBFですが、でもCRフレークも買ってみたい。
嗜好品の魅力の所在というのは不思議ですね。
Commented by ちぇん at 2013-05-10 21:55 x
お邪魔します。
気になっていたG・H社のブラウンフレーク非着香ようやく吸いました。
本当に吸いやすいタバコですね。
よく乾いていて炊きやすくまさにフレンドリーといった感じです。
急いで吹かしてもさして熱くならず、ゆっくり吸えば気持ちのいい酸味と果実のような風味があって、絶賛されるに値するタバコです。
G・H社の工夫のおかげかバーレーキックはほとんどないですね。
こういう軽快さが欲しくなる時って多いような気がします。
美味しいタバコを教えてくださってありがとうございます。
Commented by jinsenspipes at 2013-05-11 00:02
>ちぇんさん
やあ、気に入っていただけましたか。
よかったです。
フレンドリーって、まさにその通りですね。
バーレーキックってぼくはよくわからないんですよ。
なんか喉がいらいらするってかたが多いですね。
G.L.ピースはBurley Curse(バーレーの呪い)っていってますけど、これ日本語なのかしら。
英語圏の文献でバーレーキックってみたことないです。
ちぇんさんは喉がいらいらしたりすることありましたか。ほかのバーレー物で。
ぼくがにぶいのかしら。
それはともかく、こういうこだわりなく軽快なたばこ、いいですよねェ。
Commented by ちぇん at 2013-05-11 10:38 x
バーレーキックらしきものはアメリカのバルクタバコで何度か経験したことがあります。
Cornell & Diehl の銘柄を1ozずつ購入したことがあるのですが、バーレー入りの銘柄を吸っていたら口の中がひどくパサパサしてきて「ああ、これがバーレーキックなのかな?」と、その時はそう感じました。
ただ喫煙技術が未熟だったからかもしれません。(今もそう上手くはないのですがw)
Commented by jinsenspipes at 2013-05-11 17:42
>ちぇんさん
あ、そんな感じですか。
うーん。ぼくは経験ないなァ。
バーレーといえばマクバレンのロンドンブレンドというバーレーのみのをやりましたが、
そういう感じはなかったです。
ぼくはバーレーには不感症なのかもしれません。
このたばこはとてもおいしかったですが。