Jinsen's パイプ

ダンヒル: ロイヤルヨット【R2】 ( Dunhill: Royal Yacht )

a0150949_2172453.jpg
 このたばこのぼくの第一印象はミルクと蜂蜜味だった。甘くとろんとした味だがその裏にブライトバージニアの青臭さがしっかりただよっている。逆にいうと、野性的で青臭いバージニア味を甘みとミルク味がやんわりくるみ、野性味と都会味、相反する二つがここではふしぎな調和をみせている。こんな味のたばこはほかに類がない。じつにユニーク、唯一無比である。
 ダンヒルたばこの製造がダンヒル社からマレー社に移管したのが1981年、このあとしばらく質が落ちたというブーイングがしきりだったがふしぎなことにロイヤルヨットだけは好評だった。さらに2005年、マレー社の廃業で製造はデンマークのオーリック社に移って現在に至るが、ここでもロイヤルヨットの不評はほとんど出てない。もともとのダンヒルのレシピのユニークさがこのたばこの独自性を永らえているのかと思う。
 ロイヤルヨットがダンヒル社のカタログに初めて載ったのは1912年だそうである。ダンヒルのロンドン開店が1907年で、最初は客の注文を受けてブレンドする専門店だったがまもなく自社ブレンドを発表する。おそらくそのごく初期の商品だったと想像できる。手許にある1927年のダンヒルたばこパンフレットのコピーでロイヤルヨットはこう紹介されていた。たぶんこれがこのたばこの最初の紹介文と思われる。

「最高級たばこ
 以下に掲載する2種のたばこ(ロイヤルヨットとYe Olde Signe)は贅沢の極致です。
 そのたばこ葉は通常の大農園で栽培されたものではなく、小さな庭園で手をかけて栽培され、特別の品質を与えられました。
 ほかのたばこでは味わえないよろこびがあります。
 もう一度申し上げます。とっておきのときにお吸いください。いつもの満足をはるかに越えた満足感があります。
 『ロイヤルヨット』
 本物のシェード・バージニアです。
 たいへんやわらかい喫味。
 とくにデリケートな喉をお持ちのかたにお薦めします。
 (以下はYe Olde Signeの説明なので省略)」

 シェード・バージニア葉は直射日光を避け、日陰で栽培したたばこ葉で、アメリカのごく一部で作られ、おもに最高級葉巻のラッパーに使用された。最初のロイヤルヨットはこれを使ったのだろうか。
 つぎにおそらく1970年代のものと思われるダンヒルたばこのパンフレットでロイヤルヨットはこう紹介されている。

「じつに贅沢なたばこ。最高級のレモンバージニア葉とブロンズバージニア葉をじっくり熟成、これをしっかりボディがありクールスモーキングを約束するバージニア葉にくわえることで甘みと輝きを与えています。最後の工程でユニークな香りを添え、ほのかな芳香を漂わせました。この国際的に有名なたばこは人前で吸うのに最適です」

 この紹介文はダンヒル社の手になるものとしては最後と思われるが、現在、オーリック社製造になってからはLemon & Bronzed Virginiaの部分は割愛されて流布している。

 さて。ぼくのこのたばこの印象で、ブライトバージニア葉の青臭さと書いたのはまさにこれだった。マクレーランドでいえば2035や5115のブライトバージニア葉に通じる。ボディになるのはレッドバージニアで、ミルク味や蜂蜜の甘さはストーブした段階で出てくるものと思うが、その甘さはもっとかすかなものだから、やはりあとで甘みを添加しているのだろう。
 オーリック製になってからもこの特徴は変わらない。海外レビューでマレー製とオーリック製を比較したのがあり、ほとんどのかたがオーリック製になり香りもニコチンも弱くなったと指摘しているが、むしろいまのオーリック製のほうが吸いやすく好ましいと書いたかたもいる。
 ぼくのロイヤルヨット初体験はそう古くなく、2008年である。もちろんオーリック製になってからだがその初印象がミルクと蜂蜜+独特の青臭さだった。しかしオーリック製になってからも製法に変化があるらしく、最近のは着香が少し複雑になっている気がする。海外の識者はチョコレート味や干しぶどう味を指摘するがたしかにいろんな香りが花火のように飛びかう。かわりにミルク味と蜂蜜の甘さが薄れ、以前のシンプルなそれでいて強烈なしたたかさがたわめられている感もある。マ、時代の好みということになるのだろうか。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-07-07 21:09 | ダンヒル | Comments(14)
Commented by あいうえお at 2013-07-11 03:06 x
いつもながら深夜に喫みたくなるレビュウ、楽しみにしています。
ロイヤルヨットは実に喫みやすいですねえ。他の、例えばロンドンミクスチャーと混ぜてもいいですが。

そういえば、ダンヒルのスタンダードミクスチャーが復刻しましたね。
とろりと甘いタバコで素晴らしかった。
Commented by jinsenspipes at 2013-07-11 11:13
>あいうえおさん
ありがとうございます。
たしかにヨットは吸いやすいたばこですね。
ダンヒルはどのたばこも吸いやすくていいです。
火が消えるのを心配しなくてもいい。

いつもながらあいうえおさんは情報通でいらっしゃる。
スタンダードミクスチャーはぼくはやったことないです。
一度ためしてみたいですね。
Commented by ちぇん at 2013-08-01 22:04 x
お邪魔します。
今回ロイヤル・ヨットに初めて挑戦しました。
jinsenさんのアドバイスに従ってたっぷりパスタを食べてから臨みました。
うーん、確かにとっておきの満足銘柄です。
まだ僕のパイプが育っていないせいかミルク味は出てこないですが最後の方までパンチの効いたタバコらしいタバコを味わいました。
少しエソテリカのティルベリーに似てるかも。
しばらく食後の一服はこれでいきます。
素晴らしいタバコを教えてくださってありがとうございます。
Commented by jinsenspipes at 2013-08-01 23:55
>ちぇんさん
ハハハ。お腹いっぱいにしてからやりましたか。
たばこらしいたばこ。たしかにそうですね。
ミルク味は、ヨーグルトと感じるかたが多いようですよ。
かなり甘みがあり(ぼくは蜂蜜と書きましたが)それが滑るような感覚。
そこにミルクっぽい感触をぼくは感じます。
ティルベリーですか。はて。いまちょっと味を思い出せません。
ちぇんさん、鋭い感性をお持ちですね。
Commented by 川崎・G・悠太 at 2018-10-10 09:57 x
どうも、お久しぶりです。ミドルネームを勝手に足しました。

どうしましょう、ダンヒルのタバコは生産終了ということで、ロイヤルヨットはもう吸えないんですよね。

どこかに在庫が残っているという僅かな可能性を信じて、ぼんやりと探してみようと思います。似てるタバコがあれば、それでいいんですけどね。「前のダンヒル」の方に似ているものを特に吸ってみたかったりします。
Commented by jinsenspipes at 2018-10-10 10:20
>川崎・G・悠太さん
 ひさしぶりです。
 おや、そうでしたか。
 パイプをずっとやってないのでその方面のニュースにうとくなってました。
 残念ですね。
 ただ、ぼくは大昔のヨットの味を憶えてますが、近年のはいまいちの感じがありました。
 残念だけど、大昔の記憶を思い出して懐かしがることにするしかありませんね。
Commented by 川崎・G・悠太 at 2018-10-10 11:10 x
そうそう、僕も数ヶ月間パイプとは離れて「スナッフ(SGのメンソール系嗅ぎタバコ)と、野球をやる時に仲間からもらうシガレットだけを吸う」状態だったのですが、10月1日タバコ税増税を聞いて急いでタバコ用の金を用意して買い貯めしたりしたのでまたパイプの世界に戻ってきたのでした。

で、再会と再開を果たして気付いたのですが、やっぱりパイプが好きです。家の中で吸えなくなった影響で、傘を指しながらパイプを吸うという変なことをするようになったりもしましたが、それもまた楽しいというか。傍から見ると、なかなかにアホな気もします。まあ、いいんです。


「近年のはいまいち」ということで、ますます「大昔のヨットの味」が気になってきました。どっかに「昔のダンヒル」のコピー品を出してるメーカーがあると聞いたことはあるのですが、なんせ日本語以外の言語が苦手なもので……。
Commented by jinsenspipes at 2018-10-11 09:31
>川崎・G・悠太さん
 そうでしたか。
 ぼくは医者にたばこを禁じられたんですが、紙巻きだけはこっそり、少なめにして吸ってます。
 大昔のヨットのコピーですか。
 しかしコピーはやはりコピーなんで、昔の味わいはないと思いますよ。
 トキの流れには勝てませんねェ。
Commented by 川崎・G・悠太 at 2018-10-18 07:55 x
お大事に……。

本家を超えるコピーがあればいいんですけどね。でも、そんなものがあるなら、オリジナル品として売っちゃった方がよほど良いでしょうから、それは無いですよね。

うーん、もっと早く生まれればよかった(無茶ですが)
Commented by jinsenspipes at 2018-10-18 10:00
>川崎・G・悠太さん
 ぼくは若い頃、新宿のタバコ屋で隣りのおっさんが吸ってたパイプの香りに魅せられたのが発端でした。
 これがヨットだったんですね。
 ところが初心者がやるとなかなかその香りがでない。
 いろいろ苦心惨憺、それがのちのち役に立ちました。
 アハハ。
 早く生まれるのは無理。
 でもみなさんその時代時代においしいタバコを見つけてらっしゃるんじゃないかな。
Commented by 川崎・G・悠太 at 2018-11-05 18:18 x
あの後、国立(クニタチ)のサンスモークさえきにロイヤルヨットがまだあるとのことで買いに行って、そして、2缶だけ買うつもりだったのに、店員のおねーさんに「残り少ないけど、それで足りますか?」と圧をかけられて4缶買うなどしました。

早速吸ってみましたが、良い味は出ません!うーん、4缶のうちに、しっかり修行を積みたいところです。そして、わかった頃に別れの時が来るのでしょう。


今の時代でないと吸えないタバコ。それこそもうダンヒルのタバコはなくなってしまうので、貴重なのかなと思いますが、もっと何かあるのでしょう。うーん、未来は読めない。
サミュエルガーウィズとかも、そのうちなくなっちゃうのでしょう。つらいものです。

Commented by jinsenspipes at 2018-11-06 09:53
>川崎・G・悠太さん
 おや、そうでしたか。
 うーん。むつかしいところですねェ。
 たぶんそれはぼくが若い頃やったのとは違うロイヤルヨットでしょうし、
 このたばこは昔からおいしい味で吸うのはむつかしいたばこといわれてましたからね。
 いまぼくは紙巻きだけですが、
 アメスピのペリクブレンドは貴重な味と愛煙してます。
 昔のペリク味がかすかですが香りますし、
 バージニア葉もおいしい。
 こういうたばこは今の時代でないと吸えないたばこといえるんじゃないでしょうか。
Commented by 川崎・G・悠太 at 2018-11-06 13:40 x
ラスト・ロイヤルヨットがどんなものかは結局よくわからないまま、ということになりそうな気がします。どっかの楽曲に出てくる素敵な女が何者なのかわからないまま過ぎ去っていくかのように。
にしても、パイプ喫煙、なかなか上手くならないものです。集中力が足りないからでしょうか。うーむ。

ちょうど早朝、Jinsenさんのアメスピ・ペリックの記事を読んでいました。アメスピが日本製になると聞いて、黄箱のを一本もらって吸って「うーんイマイチ」と思ってアメスピ自体敬遠してきましたが、黒箱の方はまだ美味しいままなのですね。よかったです。
Commented by jinsenspipes at 2018-11-10 14:04
>川崎・G・悠太
 いや、そういうことはよくありますよ。
 どんな味だろう、どんな味だろうと興味津々のままトキが過ぎてしまうことは。
 アメスビはぼくは黄箱も好きです。バージニアの香りがいいですね。
 ややラフな感じだけどそれがまたいいです。
 常喫のダンヒルは最近のはバージニアの香りがだんだん薄くなり、ひたすら上品になってきました。
 ただ、香料が、たぶん10種類以上mixしてると思いますがこれがなかなか素敵で、愛煙してます。
 ペリクはほんとおいしいです。
 ぼくのやった近年のたばこではベストですね。