Jinsen's パイプ

マクレーランド: スミルナNo1 ( McClelland: Smyrna No1 )

a0150949_16505054.jpg
 マクレーランドの「グランド・オリエンタルズ」シリーズ、その2である。
 このシリーズは2缶買ったが、前に紹介したイェニジェは有名なクサンチ葉の代表。一方こちらは今のトルコたばこの代表である。今、オリエント葉と呼んでいるのは以前はトルコたばこと総称され、かっての広大なトルコ帝国(オスマントルコ)領で産出されたたばこということだった。クサンチは、そのトルコ帝国領の、昔、マケドニアとよばれた地域になるが、今はギリシャの都市になっている。一方こちらスミルナは今のトルコのイズミル市の昔の呼び名で、大都市になり、ここで産出するたばこはトルコのたばこ輸出量の3/4を占めるという。ここのたばこはふつうイズミル葉と呼ばれるがマクレーランドは古い地名であるイェニジェに合わせて昔の呼び名を使ったのだろう。
 さてこのたばこ。缶を開けるとイェニジェとおなじ細かく砕いた葉だが、上にちょこんと、おまけでスミルナ葉の現物がのっていた。ずいぶん小さいたばこ葉である。なんだか期待感がいっそう高まる。
 火をつけると、ああ、イェニジェと似た甘くいい香りである。すばらしいハーブの芳香というところ。香りがイェニジェとやや違う気もするがこのあたりは言葉で書きようがない。少し吸ううちにイェニジェにはなかったスパイシーな味がきた。ちょっと胡椒味を思いださせる。甘みはイェニジェよりやや硬質、かわりに酸味がやや強い。さらに吸ううちにバターのようなクリーミーな味もきた。いや、これは複雑な味のたばこだ。
 イェニジェはとにかく香りたかく、ふっくらとやわらかい、比較していえば女性的な味で、スミルナはいい香りのなかにスパイシーでクリーミー、さらに複雑な味も秘め、男性的な味ということになるか。しかし、どちらも日頃のバージニア葉とまったく違うふっくらした香り、甘くやわらかい味わいがあり、この点は共通し、やはりこれがオリエント葉の特徴なんだろうと思う。うっとりする吸い心地である。
 さて。ぼくはオリエント葉の味をだいたいつかんだ。これからイングリッシュ・ミクスチャーをやるときはオリエント葉がどう配合され使われているか、見当つけられるだろう。ようやく人並みになったというところである。
「グランド・オリエンタルズ」シリーズにはあと6種の葉がある。マケドニア産では、有名なドラマ葉、さらにカテリニ葉、またイェニジェ葉にラタキアを配合したイェニジェ・ハイランダー。トルコ産ではこれもよく知られたサムスン葉、それとアゴンヤ葉。ほかにグルジア国のソクホム葉がある。いまのところはここで止めておき、しばらくしてこんどはドラマ葉、サムスン葉あたりをやってみたいと思っている。
 ところで。
 上の写真にジャーが見える。じつは郵送されたたばこの缶がちょっと凹んでいた。マクレーランドの缶はプルトップの缶詰だから開けなければ問題ない。しかし開けたあとプラスチックの蓋を被せたとき缶がわずかでも凹んでいると空気が漏れやすい。そこで開缶と同時にたばこをジャーに移した。
 識者の指摘だとマクレーランドのプルトップ缶はヨーロッパのコインツイスト缶より気密性が高いそうだ。コインツイスト缶は開けてしまえば気密性はほとんどなく、開缶時の味はせいぜい1週間、とくにSGなどの四角缶は2、3日で香りが抜けることがある。しかしプルトップ缶のほうは開けてプラスチックの蓋をするともう少しもつという。
 2oz(50g)缶は1日に3服ていどやる平均的パイプ喫煙者の1週間分だから、まあ、それでいいことになる。ぼくも1日に3服〜4服だが、ひとつの銘柄でなく、あっち吸ったりこっち吸ったり、常時3、4種のたばこが空いてるからうっかりすると1ヶ月放置したのが出てくる。本来なら缶から直接、デザインもたのしみながらやりたいところだが長引きそうなのはジャーに移すようにしている。今回はそういうわけですぐジャーに移した。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-10-22 16:55 | マクレーランド | Comments(4)
Commented by かつ at 2013-12-11 01:14 x
初めまして。いつもブログ読ませて頂いております。
jinsenさんを参考にこのシリーズのclassic samsunを購入してみました。
いや、素晴らしくうっとりする煙草ですね。
缶を開けるとベリー系の果物を彷彿としました。そこにバージニアの青臭さが溶け込んでるといった所でしょうか。
オリエント葉が入っているもので僕が試したものはスクワドロンのみですので良く分からないのですが、ラタキアもバージニアもイメージは掴めた(と言う事にして)ので次はオリエント、そこでこれを試した次第です。
これを踏まえた上でスクワドロンを思うとオリエント葉がかなり中心的存在なのかなと感じました。
ただ、サムスンはスクワドロンよりもさっぱりとした印象でかなりの吸いやすさ、後半には渋みが効いてくる感じ…ですかね。ラタキアの存在感恐るべしですね
個人的にはオリエント葉って赤ワインの様な渋みをイメージするのですが…。
毎度良い煙草を参考にさせて頂いています。ありがとうございます!
Commented by jinsenspipes at 2013-12-11 11:24
>かつさん
はじめまして。ようこそです。
あ、これはありがたい。
ぼくはクラシック・サムスンは未体験なので、こういうレビューはとてもうれしいです。
イェニジェ、スミルナと並んでサムスンは有名なオリエント葉の一つですね。
ハハア。ベリー系の味わいですか。うーん。ぼく好みだなァ。
ぼくもかつさんとおなじで、ラタキアまではわかりますが、オリエントがいまいちわからなかった。
いまようやくわかりかけてきたところです。
サムスンがさっぱりした印象、というのは実感あります。
ほかのオリエントもそうです。もたれない、さわやかな喫味ですね。
赤ワインの渋み、というところまではぼくは感覚できてない。
もっと探求してみます。
いやあ、お互いに、これからもいろいろ感じ方の情報交換したいですね。
よろしくお願いします。
Commented by 職務経歴書の書き方の見本 at 2014-02-22 12:14 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Commented by jinsenspipes at 2014-02-22 18:25
>職務経歴書の書き方の見本さん
ありがとうございます。
ぜひいらしてください。