Jinsen's パイプ

JT: 桃山

a0150949_22181327.jpg


 桃山。
 ぼくの朝一番のタバコはこれ。
 ペリク入りのバージニアです。
 パイプ歴は永いけど、何度も挫折して紙巻きにもどってます。しかしタバコそのものは大学時代からずっと続いている。まあ肺は真っ黒でしょうね。2006年。しばらく休んでいたパイプを再開し、当初は紙巻きとパイプ、半々でしたがそのままパイプの量がふえて今になってます。たぷんこのままパイプふかしながらあの世にいくんでしょうね。桃山が朝一のタバコになったのは2007年頃から、来年でもう3年になります。
 ほぼ1ヶ月に1缶のペース。のむのは朝一だけであとはほかのたばこです。パイプはダンヒルとチャラタンのどちらも小ぶりのアップル。ダンヒルの2番になるでしょうか(あまりよく知らない)。

 習慣になったせいか朝一番の桃山はじつに旨い。舌に甘みとほのかなお酒の香り。そしてバージニアのやや青臭い味と、じくじくわいてくるエキス。ペリクはバージニアに塩味をつけたくらい控えめですけど、ときたまにょろにょろと蛇のようにからんでくるときがあります。これがくると、あ、きたナと……。
 バージニアにしては甘すぎるとおっしゃるかたが多いけど、日本人にはこれくらいマイルドなのが合っている気がします。後半、ややバーレー味がでてくるのが難ですね。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-13 22:20 | JT | Comments(2)
Commented by デカペンギン at 2014-12-11 01:56 x
桃山はいろいろな所で名前を聞くので気になる銘柄です。ベテランのJinsenさんが常喫してるのなら試して見ようと思ったのですが今はいわゆる桃山3とか言うニューバージョンらしいですね。
Jinsenさんも今は新しいバージョンを吸っておられるのでしょうか
Commented by jinsenspipes at 2014-12-11 11:06
>デカペンギンさん
 いや、ぼくはここに書いた桃山以外は吸ってません。
 ここに書いたのはマクバレン製になってからのものです。
 それ以前のJTの頃も吸っていたはずですが、
 たしかな味の記憶がない。
 ニューバージョンもちょっと気になっています。
 もしデカペンギンさんがおやりでしたら、
 ぼくのほうこそ感想をうかがいたいです。