Jinsen's パイプ

ジャーマイン: ミディアム・フレーク

a0150949_16185093.jpg


 ジャーマインのミディアム・フレーク。これも旨いタバコだ。社の説明では葉組はレッド、ブラウン、ゴールドのバージニア葉のみとある。
 缶をあけると、柑橘系の甘酸っぱい香りのなかにややスパイシーな匂いがまじり、うまそう。
 フレークだが細く裁断され、まるで凧糸を束にしたみたい。かなり湿り気があってくっついている。適量をつまんで二つ折りすると、しなしなして、板状のフレークより楽にボウルに収まる。あ、こういうフレークもありなんだなと感心した。
 これも旨いバージニアだ。酸味と甘みがあり、軽い。ときどきスパイシーな香りやお花のような香りもして、心を遠くにはこんでくれる。サミュエル・ガーウィズのベスト・ブラウン・フレークと比べると、あちらは素朴なバージニア味オンリー、こちらはやや加工してあるが、添加物があるわけではなく、バージニアの奥深い味をよくとり出しているように思える。
 ジャーマインはすでにペリク・ミクスチャーとスペシャル・ラタキア・フレークを紹介した。ともにメリーランドのゴールデンキャベンディッシュで甘みを出していたが、このストレート・バージニアもかなり甘い。このあたりがジャーマインの特徴なのかと思われた。
 しかしこの甘みと酸味のハーモニー、じつにいいし、あきない。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-01-12 16:23 | ジャーマイン | Comments(0)