人気ブログランキング |

Jinsen's パイプ

ラットレー: マーリンフレーク

a0150949_1671149.jpg


 ラットレーは1903年からスコットランドで作られてきた名門タバコ。現在はドイツのコールハス社が製造している。海外のレビューを読むとよく「マーリンフレークと比べると……」という評があり、まずはバージニア味の代表の地位にあるのだろう。
 葉組はコールハス社によるとダーク・バージニアとキャベンディッシュ、それにわずかなペリクとある。
 缶をあけると長いフレークが二つ折りされている。ほどよい湿り気があり、脂っこい匂い。
 火をつけると、ああ、なんと旨いバージニア味だ! 軽くクールななかにバージニアのさまざまなニュアンスがどッとくる。ほどよい甘みと酸味。ときどき微かにペリクが香る。ペリク入りバージニアは常喫の桃山がそうなので、思い出してみるとペリク味は桃山より薄い。しかしバージニア全体にしまりをつけているのはまぎれもなくこの隠し味のペリクだと思う。
 バージニアはイギリス伝統の無添加キャベンディッシュで、プレスしつつオーブンで焼かれているので独特の甘みがあり、味が丸く、とりおりクリーミーな味がする。桃山のバージニアはこういう"matured"ではないのでやや青臭い。ぼくはストレートなバージニアの青臭さも好きだしキャベンディッシュの丸みのある甘みも好きだ。
 比較ついでに書くと、桃山はラムでケーシングし、いわばざっかけな庶民の味にしている。こちらは高貴で風格がある。またまたぼくはどちらも好きだ。軽さとクールさについていうとスミュエル・ガーウィスのベスト・ブラウン・フレークとどっこい。
 じつはぼくはラットレーは初めてでした。何しろ値段が桃山の倍だから貧乏人には重すぎる。ぼくが買えるのはイギリスの3社かスリーナンズまで、つまり桃山より5割高いタバコまででアメリカ・タバコなどまず手が出ない。しかしあまり評判がいいのでマーリンフレークを買ってみたが、やはり! まちがいなかった。ラットレーのレシピは現在14種がのこり、コールハス社から出ているので、みんなやってみたいナ。

by jinsenspipes | 2010-01-27 16:11 | ラットレー